プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

Shunです。五反田ダイニング「器」の、ネット担当ということで、よろしくお願いいたします。趣味の話、お酒の話、お料理の話…思いつくまま書いていきます。どんな、展開になるのやら?!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 鳥と鶴?日本ウイスキーの誕生物語・その2 | メイン | これってワイン?それとも日本酒?ピンクのくどき上手。 »

2010年7月24日 (土)

器のお勧め 夏酒&鳥せせりのペペロンチーノ

夏のお勧め料理のひとつが、

鳥せせりのぺぺロンチーノ。

ぺペロンチーノと聞くと、すぐにパスタを

連想してしまいますが、

イタリア語で、唐辛子のこと。だそうです。

鳥せせりとは、首の筋肉の部分。

1羽からは、わずかしか取れない部位です。

もも肉よりも脂身が多く、筋肉なので弾力があり、

噛むほどにシュワッと肉汁が出てくる

味わいのある鳥せせり。

板さんが、おいしく焼き上げました。

ペペロンチーノとせせりの

独特な食感をおたのしみください。

さて、この料理にぴったりのお酒は?

いろいろな蔵元さんが、

夏向きということで

工夫をこらした、お酒を造っています。

一口で言えば、サッパリとした辛口が多いようです。

本当は、自身で飲み比べて、

夏のお勧め料理に合う

自分の夏酒を見つけてほしいと

思いますが、私が勝手に選んだ

3本を紹介します。

ま、私の独断評を。

まずは、山形の新藤酒造さんの、

裏雅山流・粋華

日本酒度+3。酸度1.2。

華やかな香りと、切れの良さが身上の、お酒です。

固定概念にとらわれないで、

山形の天地の中で常に自然体で、酒づくりの技を

磨き上げていきたい。

という、雅山流杜氏 新藤雅信さんの自信作ともいえるお酒。

ジュージュー焼くような、夏のスタミナ料理にお勧めかな。

次いで、奈良。千代酒造さんの篠峰・夏凜。

日本酒度+5、酸度1,7。

ちょっと酸度を高めにしてあるのが、特長です。

原料米、備前雄町のふくらみのある香りと

澄んだ酸の瑞々しい味わいが

口の中に広がります。

喉ごしも、さわやか。

焼き野菜や、肉料理に、

よくあうお酒といえます。

ちなみに、篠峰は、蔵元さんの西側に聳える、葛城山の別名とのこと。

最後は、秋田のど辛。

日本酒度+12、酸度1.4。純米酒

五能線で行くと秋田県側、最後の駅
(余談ですが、次の駅は青森県)、

八森町の白瀑酒造さんが作り上げた、辛口の傑作。

口に含むと、原料米、めんこいなの旨みが

口の中に広がり、

その後のスキッとした切れ味の鋭さ。

それでいて、お料理の味を壊さない。

むしろ引き立てる。さすがです。

暑い夏に、ぴったりのお酒といえます。

と、3タイプの日本酒、夏バージョンを

ご紹介しました。

それぞれ、おいしさに違いがあります。

私の、つたない文章力では、

おいしさを伝えきれていないような気がしますが、

そこはご勘弁を願って…。

あなたなら、どれを選びますか?

まだまだ、暑い夏が続きますが、

キリと冷えたおいしい夏のお酒と、

お料理で、暫しの涼を楽しみましょう。

でも、こんなおいしいお酒と、お料理に出会えるなら

暑い夏も、悪くはないかも…。

きょう、ご紹介した日本酒のなかには

数の少ないものもあります。

もし、ご来店いただいて、

売り切れの場合はご容赦ください。

別の、夏酒が入荷していますので

そちらをお楽しみください。

その他のお勧めは、こちらで。ご覧ください。

http://www013.upp.so-net.ne.jp/utsuwa/sub7.html


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/570329/28764005

器のお勧め 夏酒&鳥せせりのペペロンチーノを参照しているブログ:

コメント

南 特別純米、いいですねぇ、
純米吟醸の斗瓶採りは、自分としてはお気に入りの1本ですょ。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

五反田 ダイニング 『器』 のサービス一覧

五反田 ダイニング 『器』